Illustratorと色々。

イラレとか3Dソフトとかの覚書です。

MODOでビューポートのタイプを変える。パイメニュー。

作業をしていると、色々なビューでの操作が必要になります。パースビューや正面ビュー、底面、カメラビューなどに切り替える方法です。

 

こちらも、上部のタブで簡単に変えることができますが、

Ctrl + Spaceでもパイメニューというものを呼び出せます。

f:id:necozawa:20170503170243p:plain

こちらは、キーを押してる間だけ表示されます。

MODOの動画を最初のころに見た時に「使ってみたい!」と思った物の一つですw

 

MODOのレイアウトスイッチャー。

MODOには作業目的に適したユーザーインターフェイスに切り替える機能があります。

切り替える方法としては、上部のレイアウトタブで切り替える方法と、レイアウトスイッチャーを使う方法があります。

 

基本的にはタブで切り替えちゃいますが・・・。

因みにタブはここ。

f:id:necozawa:20170503164439j:plain

他に、レイアウトスイッチャーというものがあります。

Ctrl + Tab を押すと現れます。

f:id:necozawa:20170503164726j:plain

Tabキーを何度か押すと切り替えることができます。

 

はじめまして。

illustratorや3Dソフトでせっかく便利な方法を覚えたのに使いたいときに、「なんだっけ」ってなることがしばしばあるので、便利な方法とかを書き溜めることにしましたっ!

 

自分用の覚書のようなものですが、お役に立つものがあったら、お役立てください。

 

illustratorPhotoshop

3DソフトはMODOZBrush

などを主に使っています。

 

3Dは勉強中です!

広告を非表示にする

illustratorで複雑な形状にグラデーションメッシュを適用する方法

illustratorでグラデーションメッシュを作成する場合、簡単な形ならば、

f:id:necozawa:20170424203824j:plain

オブジェクト>グラデーションメッシュを作成で、簡単にできますが、

ちょっと複雑な形だとうまくいかないことが多々あります。

f:id:necozawa:20170424204036j:plain

パスのポイントが多すぎたり、複雑なメッシュができてしまったりします。

 

そんな時は、一度グラデーションを作成してからメッシュを作る方法があります。

まず、グラデーションで塗ります。グラデーションメッシュではないほうのグラデーションです。

 

f:id:necozawa:20170424204538j:plain

次に、オブジェクト>分割・拡張。

「分割・拡張」ダイアログで「グラデーションメッシュ」にチェックを入れて

OKを押します。

f:id:necozawa:20170424205511j:plain

すると一見見た目は変わりませんが、メッシュツールでクリックしてみるとグラデーションメッシュが適用されているのがわかります。これは、四角形のメッシュがクリッピングマスクで切り抜かれている状態になっています。

f:id:necozawa:20170424205630j:plain

メッシュツールでポイントを増やしたり、ダイレクト選択ツールで動かしたりもできます。

 

以上、illustratorで複雑な形状にグラデーションメッシュを適用する方法でした。